会社案内

会社案内

この度は弊社ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
弊社では自社製品 “MTF-MEDIA” シリーズを通じて、ご用命いただくお客様のファミリーの一員としてご期待に添えるよう精一杯努力してまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

社 名 株式会社 レスコ  (英語社名 / Resco,inc. japan)
代 表 山岡 俊晴
所在地 〒790-0951 愛媛県松山市天山3丁目10番28号 くつなビル1F
創 業 1988年(昭和63年) 5月27日
設 立 1990年(平成2年) 7月27日
資本金 10,000,000円
役 員 代表取締役社長 山岡 俊晴
取締役 為永 竜太
取締役 山岡 須賀子
監査役 山岡 えつ子
取引銀行 愛媛銀行 伊予銀行 みずほ銀行
TEL 089-948-3003
FAX 089-935-6484
E-Mail info@resco-japan.com
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝日

沿革

1988年5月 イオングループ家庭用電化製品(主に浄水装置)販売店を創業。
1990年7月 イオングループ販売会社として有限会社プレザージュを設立(資本金9,000,000円)
1996年5月 水処理部門への特化に併せ社名をウォーターワールド有限会社に変更。
1997年3月 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州に支拠点を置く。
2004年4月 全国展開を視野に資本金の増資・組織変更。社名を株式会社レスコとする。
2005年12月 本店所在地を現在の愛媛県松山市天山3-10-28に移転。
2006年3月 アメリカ合衆国 ミネソタ州に支拠点を置く。
2006年12月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)にて東南アジア諸国へ技術支援や機材納入を開始。
2007年2月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)にてフィリピン共和国へ除鉄・除マンガン装置を輸出。
2007年7月~8月 フィリピンで開催されたASEAN首脳会議と同時に日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA),国際協力銀行(JBIC)とRepublic of the Philippines. Manila City, Tarlac City, Nasugbu City, 各水道局を訪問、現地視察と弊社除鉄・除マンガン装置実証試験・各都市浄水場設計を行う。
2007年12月 アメリカ合衆国 カリフォルニア州に支拠点を置く。
2008年1月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)アフリカプロジェクトに参画。
2008年11月 東海地方の大手ポンプ・水処理メーカー様が弊社除鉄・除マンガンろ過材を採用。 本社より技術関係者数名様が視察ご来訪。
2008年12月 日本政府経済産業省より賞を得る関東地方の大手水処理メーカー様より代表取締役様、技術関係数名様が視察ご来訪。
2009年4月 国内数都市の浄水場へ向けて除鉄・除マンガン装置デモ実証試験を開始・納入。
2009年6月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)関係者による弊社視察ご来訪。
2009年10月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)にてアフリカ向け除鉄・除マンガン装置輸出事前確認のため、国内(関西)納入済み弊社除鉄・除マンガン装置設備一式の視察。
2009年12月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)にてネパール連邦民主共和国へ除鉄・除マンガン装置を主とした各種水処理機材を輸出。
2010年2月 愛媛県松山市 松山インター近郊に機材倉庫・作業所を増設。
2010年8月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)カリブ海プロジェクトに参画。
2011年2月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)にてアフリカギニアビサウ共和国へ除鉄・除マンガン装置を輸出。
2012年1月 アメリカ合衆国 フロリダ州に支拠点を置く。
2013年4月 ベトナム社会主義共和国での水処理において現地水事情の視察にHo Chi Minh City, を訪問。
2015年8月 本社事務所を愛媛県松山市天山3-10-28 くつなビル3F から同ビル1Fに移転。
2016年5月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)にてアフリカギニアビサウ共和国へ除鉄・除マンガン装置技術指導と設備設計を行う。
2017年5月 日本政府開発援助ODA 国際協力機構(JICA)にてフィリピン共和国へ次世代硬度処理装置を納入。
2017年6月

沖縄県某島プロジェクト公共事業に参画。(スケール防止装置)

 

アクセスマップ