軟水器がほしい人必見!特徴や3つのメリットについて学ぼう

「軟水器をつけたい」、「買おうか迷っているけど、どんなメリットがあるの?」などと興味を持っていませんか。軟水器を設ければ、いつでも上質な水を使えます。家庭だけでなく、会社でもオフィスに置きたいと考える人もいるでしょう。

 

今回は軟水器の導入を考えている人のために、その特徴やメリットを紹介します。この記事を参照すれば、軟水器の基礎知識が備わり、導入すべきかを検討できるでしょう。

軟水器の特徴を解説

まずは軟水器の基本的な特徴をまとめました。仕組みだけでなく、純水器や浄水器などとの違いも考えてみましょう。軟水器で解決できる悩みも紹介します。

 

軟水器の仕組み

軟水器とは、硬度成分のある水を軟水に変える装置です。硬水はカルシウムやマグネシウムが多い水を指します。これをイオン交換樹脂によって、硬水の要因である成分を排除するのです。

 

カルシウムやマグネシウム、金属イオンなどを軟水器で取り除き、同時なナトリウムイオンを放出します。これにより軟水の完成です。軟水器は硬水を構成する不純物を取り除き、きれいで肌に優しい水を作ります。

 

純水器や浄水器との違い

似たようなものに純水器や浄水器もあります。純水器は水道水から塩素系消毒剤、カルシウム、マグネシウムなどの成分を取り除く機械です。

 

工場やガレージなどで気軽に使えることから、多くの企業などが導入しています。ただし軟水のように飲食や日常生活での使用は想定していません。

 

一方で浄水器は水道水から不純物を取り除くのがメインです。しかしこちらは体に入れることを想定して、きれいな水を作ります。そのため取り除く対象も発がん性物質や塩素系消毒剤、細菌など多様です。

 

軟水器は硬度成分であるカルシウムやマグネシウムの除去が主な目的です。硬度成分は髪や肌にダメージを与えたり、お腹がゆるくなったりするデメリットが考えられます。こうした問題を解決するための軟水器ともいえるでしょう。

 

このように水をきれいにする機械でも、種類によって使用目的が大きく違います。

 

軟水器で解決できる悩みは?

軟水器を使えば、水をよく使う家庭や企業におけるさまざまな悩みを解決できるでしょう。たとえば家庭なら口あたりの良い水が飲めて、料理にも役立ちます。飲食店ならおいしい料理をお客さんに提供するきっかけになるでしょう。

 

他にも手を洗っているときに使えば、石鹸の泡立ちが良くなります。清潔感のある生活に向いているのが軟水の特徴です。日常生活で清潔感にこだわるなら、軟水器を導入してみてはいかがでしょうか。 

軟水器のメリット3

軟水器の主なメリットは3つです。最初はおいしい料理に使える点が大きいでしょう。次は手や物を洗っているときに、石鹸カスが出にくいことです。肌にも優しい点では、美容室や飲食店でも重宝します。それぞれのメリットをチェックしてみましょう。

 

おいしい料理に使える

軟水器の特徴はおいしい料理に使えることです。軟水でご飯を炊くとふっくらとした仕上がりになり、炊飯器に長時間入れたままでも黄色く変わりづらいといえます。

 

家庭でおいしい料理を作りたいときには、軟水が効果を発揮するでしょう。飲食店や卸売市場など、食べ物を扱う事業でも役に立ちます。以上から軟水はおいしい食べ物の味方になるのです。

 

石鹸カスが出にくい

軟水器で水をきれいにしていると、手や物を洗いやすくなります。石鹸カスが出にくいからです。

 

洗剤とセットで使うと、その効果を実感できるでしょう。石鹸カスが少なければ、水道管を詰まらせるリスクを抑えられます。他にも洗濯物をきれいにできたり、風呂でも髪の毛や肌に優しかったりするのが強みです。石鹸カスが積み重ならないように、軟水器で対策しましょう。

 

肌にも優しい

軟水器を通した水は、肌にも優しいとされます。カルシウムやマグネシウムの影響がないので、硬水で洗ったときのような刺激や髪の傷み、肌のつっぱりなどが気にならないでしょう。

 

見た目が気になったり、敏感肌だったりする人は、軟水器を通した水を使ってみましょう。従来の硬水とは違った感触を味わえる可能性があります。泡立ちも良いので、安心して風呂の時間を楽しめるでしょう。このように軟水器には、体に優しい効果も期待できます。

軟水器のデメリット

軟水器でもデメリットには気をつけなければなりません。硬度が低い水は、水道管を腐食させやすいことに注意しましょう。 他にもマンションによっては水圧が低い地域があり、軟水が出にくいかもしれません。また軟水器に水がある程度たまると、お湯がすぐには出ず、待たされることもあります。

 

また水道管への配慮として、使いすぎに注意しましょう。導入前には水圧について業者に相談するのが賢明です。このように軟水器特有のデメリットを意識しながら使いましょう。

まとめ

軟水器は硬水からカルシウムやマグネシウムなどを取り除き、ナトリウムイオンを放出させることできれいな水を出します。これにより料理のおいしさを引き立てたり、体に良かったりする水を望めるでしょう。

 

一方で軟水を使いすぎると、水道管の腐食を早めるなどのリスクがあります。このようなデメリットにも注意が必要です。それでも軟水は家庭や企業において多くの人にきれいな水を届けます。安心できる環境づくりとして、軟水器の導入を検討してみましょう。

 

「株式会社レスコ」でも軟水器を扱っています。全自動式を採用しているので、実用性でも満足いただけるでしょう。軟水器の導入をご検討中なら弊社までご相談ください。